1. LINE×ロジカ式 無償でプログラミングが学べるオンライン教材をやってみました

LINE×ロジカ式 無償でプログラミングが学べるオンライン教材をやってみました

2020年6月11日    特定非営利活動法人ロジカ・アカデミー

Pocket

通常の学校園の生活になるまで、あともう少し......?某島ゲームに気を取られすぎな我が家も、そろそろしゃんとせねば!ということで、池田市のホームページに載っていた、こどもの学習に役立ちそうな教材をやってみたのでご紹介します。

池田市内の小学校のプログラミング授業を担当している特定非営利活動法人ロジカ・アカデミー。そのグループ企業である株式会社ロジカ・エデュケーションとLINEが共同開発した教材”みんなの学習”には、ひとりでも親子でも楽しく学べるドリル形式のコンテンツが17個(5月末現在)あり、気軽にプログラミングにチャレンジすることができます。

利用に申込等は必要なく、サービスはすべて無償で提供されるとのことでお財布にも安心。早速URLにアクセスしてみました(タブレットやPCからのアクセス推奨とありますが、iPadでは圧縮pdfがうまく解凍できなかったのでPCからのアクセスがオススメです)。ドリルそれぞれに手順やヒントが描かれたpdfがあるのでダウンロードして印刷。一番簡単な問題から、まずは母親がやってみます。「うーん、できると思ったけど操作に慣れるまでちょっと時間がいるかも」と思った後、高学年の娘に「やってみー」と渡してみると「あ、なるほどねー」とサクサク解いていました。母、破れたり。

ドリルには、登場するキャラクターを”移動する”、”回転する”、”待つ”といった命令を組み合わせて様々な動きをさせよう!というベーシックなプログラミングから、もぐらたたきを作ったり、コニーやサリーといったラインのキャラクターが登場する
ものなど楽しい内容がもりだくさん。「これやってみたい!」という気持ちにさせてくれます。娘は3時間ぶっ通しでやっていました(それもどうかと)。

「はじめてのプログラミングで、やり方がちょっと分かりにくい」という子も大丈夫!6月下旬には、くわしい”やり方動画”がアップされる予定(現在作成中)なんだそう。私もそれを見ればすぐに慣れたはず!(笑)
娘いわく「回転とか角度が出てくるドリルは、3年生くらいからやったらできると思う」とのこと。このままではくやしいので、母はちょっと夜にやって、明日こどもにプログラミング学習の成果を披露しようと思います。みなさんもぜひやってみてください!

公式ホームページロジカ式オンラインプログラミング学習教材ページ

-----

取材ママ
ひまりちゃん

住所 大阪府池田市室町4-49 COZY室町1F
電話番号 0727528607

※当ページは、情報を保障するものではありません。詳細は直接各施設にご確認頂きますようお願いいたします。

Pocket

コメント

※コメントは管理者による承認制です。内容が不適切と判断した場合は、編集及び削除させて頂く場合がございます。ご了承ください。

最新情報をGETしよう!

その他の子育て応援探検隊 ニコニコブログ

目的の情報を探す

人気のキーワード

SNSでつながろう!

  • LINE@お友だち追加